2013年02月24日

耳で聞く絵本 日本むかし話 「石子づめになった子」

CUT_705.jpg


昔から奈良のシカは春日大社の神さまのお使いとして
とても大切にされてきました。

この大社のすぐ西の興福寺の脇に寺子屋がありました。

ある日の事、子どもたちが手ならいをしていたとき、
シカが一頭よってきて三作(みのさく)という子の
習字の紙を取って食べてしまったのです。

   ・・・

4分01秒のお話です、どうぞお聞き下さい。
【+と−でボリュ−ム調整ができます】



【あらすじを読む】のは こちらからどうぞ
    ↓↓↓
心ほっこり、聞いて楽しむ絵本「日本むかし話」

お話は「福娘童話集さん」より ご提供頂いています。
ホームページへは ⇒ こちらからどうぞ。

ランキングの応援クリックも よろしくお願いしますね。^^
               ⇒ 人気ブログランキング

わーい(嬉しい顔)ニックネームでもOKです、あなたの思ったことや、
こうして欲しいなど、ぜひ下のコメントCommentで教えて下さいね。
(メールアドレスやホームページアドレスは無くてもいいですよ)




posted by スタヂオせんむ at 08:55| Comment(0) | 日本むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。