2013年02月23日

耳で聞く絵本 日本むかし話 「川に落ちた下駄」

CUT_536.jpg


きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。

ある小川で、子ども達が集まって何やら騒いでいます。
「はやく、取って」
「待ってなよ。・・・あっ、もう手が届かない」
「はやくはやく、向こう側に行ってしまうよ」
「よし、それなら棒で」

どうやら、女の子が下駄の片一方を小川に落として、
それを男の子たちは、拾おうとしている様子です。

   ・・・

2分45秒のお話です、どうぞお聞き下さい。
【+と−でボリュ−ム調整ができます】



【あらすじを読む】のは こちらからどうぞ
    ↓↓↓
心ほっこり、聞いて楽しむ絵本「日本むかし話」

お話は「福娘童話集さん」より ご提供頂いています。
ホームページへは ⇒ こちらからどうぞ。

ランキングの応援クリックも よろしくお願いしますね。^^
               ⇒ 人気ブログランキング

わーい(嬉しい顔)ニックネームでもOKです、あなたの思ったことや、
こうして欲しいなど、ぜひ下のコメントCommentで教えて下さいね。
(メールアドレスやホームページアドレスは無くてもいいですよ)



posted by スタヂオせんむ at 06:51| Comment(0) | 日本むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。