2012年06月10日

日本昔話「鉄砲屋八兵衛」

AC_20ILAM15.jpg

今の岐阜県に八兵衛という鉄砲の職人がいました。
彼はまたウグイスをこよなく愛する人でもあります。

ある日、名古屋の殿様が参勤交代の途中の宿で
八兵衛のウグイスの美しい泣き声を聞いたのです。

殿様はそのウグイスがどうしても欲しくなって家来に
命じたのですが、この家来がとても無礼な態度なので
八兵衛はウグイスを譲る気になりませんでした。

業を煮やした殿様は、自ら八兵衛のところへ乗り込んで
きました。さあて、どうなりますことやら・・・。

ところでこの名古屋の殿様って誰のことなのでしょう?
名古屋といえば徳川宗春公あたりでしょうか。
ぼくは地元なので、そんな事が気になりました。

7分13秒のお話です、どうぞお聞き下さい。
【+と−でボリュ−ム調整ができます】


お話は「福娘童話集さん」より ご提供頂いています。
ホームページへは ⇒ こちらからどうぞ。

ランキングの応援クリックも よろしくお願い致しまーす。m(__)m
               ⇒ 人気ブログランキング
わーい(嬉しい顔)ニックネームでもOKです、どうぞコメント下さい。 ↓


posted by スタヂオせんむ at 21:47| Comment(0) | 日本むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。