2010年08月02日

日本昔話 「左甚五郎の竜」

01344021.jpg

左甚五郎という日本一の彫り物名人がいました。
生き物を彫れば魂が宿って動き出すと言われています。

あるとき宮津地方の村人に日照り対策として
竜の彫り物で雨乞いをしたいと熱心に頼まれました。

引き受けたのは良いのですが、竜を見たことがありません。
そこで仏さまに竜の姿を拝めるようにお願いをしました。

6分31秒のお話です、どうぞお聞き下さい。


お話は「福娘童話集さん」より ご提供頂いています。
ホームページへは ⇒ こちらからどうぞ。

ランキングの応援クリックも よろしくお願い致しまーす。m(__)m
               ⇒ 人気ブログランキング
わーい(嬉しい顔)ニックネームでもOKです、どうぞコメント下さい。 ↓


posted by スタヂオせんむ at 23:05| Comment(0) | 日本むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。